あおあおblog Japan ×Vanuatu ×NZ

あおあおblog Japan ×Vanuatu ×NZ

バヌアツ人の彼氏との日常。ニュージーランド生活。ワーホリ。

【ワーホリ】ニュージーランドのファクトリージョブ(Factory job)ってどんな感じ?給料明細大公開!

 

 

今日はニュージーランドの工場での仕事を紹介します。

工場



他のシーズナルジョブ(果物のピッキング等)に比べると、求人数は多くありませんが、気になっているワーホリの方も多いのではないでしょうか?

 

ちなみに私は現在、食品系の工場で働き始めて2か月経ちました。

 

正直に言うと、ニュージーランドに来てから働いた会社の中で、一番好きな職場です。

 

仕事内容が私の性格に合っているのと、何より職場のkiwiたちがみんなめっちゃいい人だからです(^^)

 

ニュージーランドにワーホリ中のみなさんの中で、工場の仕事をしてみたい!!という方は、この記事を参考にしてみてください。

 

 

【ワーホリ向け】ニュージーランドにはどんな工場がある?

 ワーホリ向けの求人サイトと私の周りの友達情報を確認した結果・・・
 

ムール貝チョコレートはちみつワインカット野菜の工場が見つかりました。

特に、南島のBlenheim近郊だとたくさんの募集を見かけます。

ムール貝工場とワインの製造工場は、時期によってたくさん人を募集しているため、私の友達でもやっている人が多いです。

ムール貝の場合は大体1月から7月、ワイン工場の場合はブドウの収穫時期である秋の2月から4月に人をたくさん募集しています。
 

仕事の見つけ方

 仕事の見つけ方は3つあります。

 

インターネットで求人検索

ワーホリの人なら誰もが知っているサイト

 

バックパッカーズボード 

 

もしくは

 

こちらのサイトでもたまに工場系の仕事を見かけます

seasonaljobs.co.nz

 

 

仕事紹介してくれるホステルもしくはバックパッカー

職業紹介してくれるホステルやバックパッカーズに行くと、地域の工場を紹介してくれます。

 

私はこの方法で今の職場を見つけました。

 

 ワーホリ仲間からの情報

旅行しながら各地域を転々としている人が多いので、みんな良い情報をもっています。

 

ここの工場は良いけど、あそこはきついからダメとか・・・実際に経験した人の話を聞けるし、運がいいとボスに連絡とってくれる→そのまま採用になることもあります。

 

工場の仕事内容

最初に言った通り、現在私は食品関連の工場で働いています。

 

製品を手でカットしたり、袋詰めしたりする作業が多いです。

 

どういう製品か詳しく言うことはできませんが、ニュージーランドのほとんどのスーパーに置いてある商品を作っています。

 

私の工場は2交代制で、朝6時から午後の2時半までのシフトと、午後2時半から夜の10時半までのシフトがあります。

 

私は朝から始まるシフトで働いているため、朝起きるのが辛いです。

しかし、その分午後の早い時間に仕事が終わるので、嬉しいです。

 

工場で働くメリット・デメリット


メリット

体力に自信がない人でも続けられる

 工場の仕事は室内での作業かつ流れ作業が多いため、体力に自信がない人でも続けることができます。

 

ニュージーランドでのワーホリの定番といえば、果物等のピッキングがあげられますが、朝から晩までの外仕事はきついです。

 

私はキウイフルーツ農場とヴィンヤードで働いた経験があります。

時期にもよりますがどちらも結構きつかったです。

 

製品をもらうことができる

これはワイン工場で働いている友人から聞いた話ですが、毎週金曜日に無料でワインが1本貰えるそうです。

 

ワイン好きの人には嬉しいですよね。

 

私の工場でも、たまに廃棄品を貰えることがあるのでラッキー!と思っています。

 

ローカルの人と知り合うことができる(工場による)

これは工場にもよりますが、私の働いている工場ではローカルの人8割、移民2割といった構成でローカルのKiwiがたくさん働いています。

 

なので、ローカルKiwiと英語で話したいっていう人には工場おすすめです。

 

正直、農業系(フルーツピッキングとか)の仕事だとワーホリや出稼ぎで来た外国人がほとんどでKiwiはあんまり働いていないからです。

 

デメリット

単純作業がつまらないと感じる人には辛い

 

仕事は基本的に同じ作業の繰り返しになるため、単純作業に飽きてしまう人には向きません。

私の工場は8時間勤務ですが、忙しい工場だと12時間拘束とかざらにあります。

 

夜勤がある場合がある

 

工場によっては、夜勤シフトがあります。

日中のシフトに比べると、時給が高く設定されていることがあるので、稼ぎたい人にはおすすめです。

 

しかし、生活リズムが崩れて体力的に辛いと思うので、デメリットにあげました。

 

 

気になる給料大公開!!

ニュージーランドの食品工場で2か月働いている私の給料明細がこちらです。

 

給料明細

 

総合計  816.48ドル

税抜き後  681.10ドル(←手取り額)

 

こんな感じです。多いのか少ないのかは正直わかりません・・・。

週合計で40時間、1日あたり8時間働いた計算になっています。

 

ちなみに時給は最低自給の18.90ドル、そこにホリデーペイが加算されています。

 

日本円だと週当たりの収入が53,144円(2021年3月21日現在、1NZD=78.0392)になります。

 

ここから家賃と食費、娯楽費を差し引いても充分な額が残るので、ファクトリージョブをやりながら貯金することも可能です。

 

日本へ帰国したら、次の仕事が見つかるまで生活費が必要なので、ニュージーランドである程度貯金しておこうと思います。

 

最近車も買ったし、これから旅行する予定もあるので、ちゃんと貯まるかわかりませんが、頑張ります。

 

旅行

 

今の職場は本当に働きやすいので、あと1か月くらいは続けるつもりです。

 

では、今日はこの辺で(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

バヌアツ料理に初挑戦!気になるお味は??

 

遠距離になる前に、彼氏がバヌアツの家庭料理を作ってくれました。

 

 

私がバヌアツ料理が食べてみたい!!と前々からリクエストはしていました。

 

もちろん今までバヌアツ料理を食べた経験はなしです。

 

正直、彼が普段一体どういうものを食べているかもよくわかっていません。

 

 というのも二人で過ごすときは、ほとんど私がご飯を作っているので主に日本食)。

 

 今回のメニュー

 

今回のメニューはラップラップ(英語名:Laplap)という、野菜とお肉をグリルして、ココナッツミルクを絡ませたような家庭料理です。

 

 材料は

 

・牛ステーキ肉

・野菜類(パプリカ、トマト、玉ねぎ、じゃがいも、にんじん、チンゲン菜など)

・マッシュルーム

・ショウガ

・ニンニク

・赤トウガラシ

・ココナッツミルク缶

・塩、コショウ

 

以上になります。

 

 

ちなみに、彼曰く使う具材は各家庭によって違うとのこと。

 

今回は彼の育った家のラップラップになります。

 

作り方はめっちゃ簡単シンプルです。

 

1. アルミホイルの上に適当な大きさに切った野菜、マッシュルーム、ステーキ肉(←これは切らなくてそのままの大きさ)を並べる

 

2.ステーキ肉の上に、すりおろしたショウガ・ニンニクを載せる。塩・胡椒も適当に振っておく

 

3.最後にココナッツクリームを野菜・肉に適当量ぶっかける

 

4.オーブンで野菜と肉に火が通るまで、グリルする

 

以上です。

 

 

バヌアツ料理めっちゃ簡単だな~(笑)

 

 

もしかしたら、彼があまり料理が得意でないため、簡単な家庭料理をチョイスしたのかもしれません。

 

それはさておき、ココナッツミルクをぶっかけるところが、なんとなく南国料理って感じがしますよね。

 

 

普段結構料理するのですが、私のレパートリーの中にココナッツミルクは登場しません。

 

 

待つこと数十分・・・。

 

ラップラップ(バヌアツ料理)のできあがりはこんな感じでした。

バヌアツ料理

 

野菜で見えませんが、下に牛ステーキ肉とココナッツミルクが隠れています。

お皿に盛りつけるとこんな感じです。

お皿 料理

 

おいしそう!!!!

 

 

さて、気になるお味は??

 

普通においしい!!!!

 

ココナッツクリームが野菜とマッシュルームに絡んでいて美味しかったです。

 

まじで美味しいかと聞かれると、そうでもないですが(正直にいうと)、

 

こういう南国感漂う料理もたまに食べると良いです。

 

特に、この料理は野菜と肉をオーブンに載せて焼くというシンプルな料理なので、忙しいときにも作れると思います。

 

あとは、野菜とタンパク質(牛肉)が一緒に採れることもGoodです。

 

彼曰はく、このラプラプは、週末に家族みんなで食べるバヌアツの定番家庭料理らしいです。

 

各家庭によって作り方は少しづつ違うみたいですが、だいたい基本の作り方はこのレシピで良いはずです。

f:id:na_siawaseninaru:20210303132710j:plain

料理中の彼氏

 

ラプラプ試したい方は、ぜひ作ってみてくださいね。

 

 

 

ではまた(^^)

ニュージーランド(オークランド)4回目のロックダウン・・・。

オークランドでロックダウン(通算4回目)

 

ニュージーランドの最大都市であるオークランドが、昨日の朝からロックダウンになりました。

 

オークランド

一時期住んでいたオークランドの街並み

 

去年に2回、今年に入って1回もうすでにロックダウンしているので、通算4回目になります。

学生さんたちは自宅学習、飲食店は休業、自宅で仕事が可能な人は自宅勤務になります。必要な外出(食料品・医薬品の買い出し、ジョギングや散歩などの運動)は許可されています。

 

ニュージーランドには、コロナに関する警戒レベルが4段階あって、今回オークランドはレベル3、その他の地域はレベル2になりました(レベルが高くなるにつれ、警戒度も高くなる)。

現段階で、ロックダウンは1週間の予定なので、1週間で終わることを祈っています。

 

まさか、またロックダウンになるとは思っていませんでした。

 

何でも市中感染が発生したらしく、感染といっても2,3人程度・・・。

ニュージーランドは感染者数が数人でロックダウンします(T T) 

 

それにひきかえ、感染者数1000人超でもロックダウンしない日本。

どちらの対応が良いのかどうか未だによくわかりません。

 

あと、オークランドに友人がいるので、少し心配です。
私の友人の多くは、レストランやカフェなど飲食業で働いているので・・・

 

 

オークランド以外の地域

 

私は南島にある田舎町に住んでいるので、警戒度はレベル2。

 

田舎町

近くの町にある港




学校も仕事もみんな普通に行っています。

ただ、大人数のイベントは禁止されています。

 

オークランドよりも規制が厳しくないので、以前とほとんど変わらない生活を私はしています。

 

唯一違うことと言ったら、仕事中に消毒液を頻繁につけるようにボスから言われるくらいです。仕事後もいつも通りに直帰しています。

 

ちなみに私は食品関係の工場で働いていて、生活に不可欠な仕事に該当するため、もし警戒レベルがレベル3や4に上がったとしても、そのまま変わらず仕事はあるそうです。

 

もしものことが起きてもお金のことは心配しなくて大丈夫そうです(^^)

 

そういえば、昨年のロックダウンのときは、仕事していなかったので金銭面で大変でした(T T)

 

 

ニュージーランドの国境いつ開くの?

 

ニュージーランドへの渡航はいつから可能なのか?と多くの人が気になっているのではないでしょうか?

 

去年の秋(10月11月くらい)に来年の3月くらい(今月)には開くんじゃないかと、職場の人と話していましたが、結局無理そうですね。

 

国外からのビザ申請も5月までストップすることが決まっているようですし、まったく見通しが立たない状況です。

 

日本にいるワーホリしたくてもできない人のことを考えると、今ニュージーランドでワーホリできている自分は恵まれているなと思っています。

 

1日1日を大切に過ごしていきたいです。

 

ではこの辺で(^^)

 

 

彼氏と遠距離になりました(T T)

寂しい

 

題名の通り、バヌアツ人彼氏とは少しの間遠距離になります(飛行機を使う距離)。

彼氏が仕事の関係で、別の地域に転勤することになったからです。

でもずっと続く訳ではなく、約2か月間という短い期間なので意外と楽しめるかもしれません。



ただ、周りの楽しそうなカップルを見ると少し寂しくなる時もあります。

私は今ユースホステルに滞在していてます。

 

そこには、ワーホリの人がたくさんいるんですが、そのほとんどがカップルなんです。

そこに私は一人・・・という状況なので、カップルが仲良くしている所を見ると少し寂しくなってしまいます。(T T)

実は、ニュージーランドにワーホリで来てみて驚いたことの一つが、カップルでワーホリをしている人たちが多いことです。

ニュージーランドに来てから知り合ったのか、ワーホリに来る前からカップルだったのかはわかりませんが、海外の人たち(特にヨーロッパ、ラテン系)はカップルで来る人が多いです。

たまにですが、私が「一人で来て旅している」というと、少し驚かれます。

海外の人たちからすると、女の人が一人で行動していることに対して寂しく見えるのかもしれません。

 

私は一人行動が割と好きなので、苦じゃありません・・・。

 


そういえば、何かのネットニュースで日本人は世界で1番1人行動が好きな人が多いという記事を目にしたことがあります。

私の周りの日本人は、ほとんどの人が1人でニュージーランドに来ているので間違ってはいないと思います。



それはさておき、彼氏と遠距離になってからも割と仲良くやれている気がします。

それも彼のマメさがあるからだと思いますが、遠距離恋愛の国際カップル(日本人の私×バヌアツ人)が心がけていることをまとめてみました。



連絡を毎日かかさない

当たり前のことかもしれませんが、連絡は毎日かかさないです。

 

正直、仕事から帰ってきて本当に疲れているときは面倒くさくなってしまって、寝てしまおうか迷いますが、彼氏からビデオ通話が来るので出ないわけにはいきません。

私たちの場合、朝起きてからとランチ時、仕事終了後にメッセージのやりとりをして、寝る前の少しの時間にビデオ通話するようにしています。

 

するようにしているというかは、もう日課になりつつあります。

 

この日課をこれからも続けていけるといいです。

 

 

プレゼントや手紙を送りあう

先日、バレンタインデーだったので、彼からプレゼントが送られてきました。

 

日本だと女の人から男性にプレゼント(チョコとか?)を送るのが基本ですが、バヌアツ(ほとんどの国)では逆みたいです。

 

彼から事前にプレゼントはいらないと言われていたのですが、個人的に送りたいものがあったので送ってしまいました。

 

結果、サプライズ的な感じで彼はプレゼントを受け取ることになり、すごく喜んでくれました。

 

やっぱり、プレゼントが届くと嬉しいです。中身を開けるまでもドキドキするしますし。

あと個人的には手紙を受け取るのも好きです。これはもしかしたら女子のみ?だけかもしれませんが・・・。

 

 

次会う時までの目標を決める

個人的には、次に会う時までのモチベーションを保つことが大切だと思います。

 

何かしら、カップルで目標を決めればそれに向けてお互い頑張れるからです。

また、一人になった時間も有効活用できると思います。

 

ちなみに私たちはというと、次会う時までに肉体改造化の目標をたてました。

 

彼の体はもうすでにマッチョなので、改造化する必要あるのかな?と疑問ですが、彼の家にジムが付いているそうなので、そこで筋トレをしているみたいです。

 

私はお尻を鍛え始めました!!

 

ニュージーランドで生活していると、いろいろな国籍の人と出会う機会が多く、みなさん本当にきれいなお尻をしているので、私もきれいなお尻になりたいと思うようになりました。

 

最近はピップアップ動画をYoutubeで探し、部屋でせっせとお尻を鍛えています。

 

次に彼に会ったときに、お尻の違いを分かってもらえたら嬉しいです。



以上の3つが、私たちが遠距離恋愛で心がけていることです。

 



ニュージーランドは朝晩冷えるようになってきました。

そろそろ冬ですね・・・。

 

はやくコロナが収まって、世界中の人の生活が元通りになりますように。

 

ではこの辺で(^^)

カイコウラ(Kaikoura)に野生のオットセイを見に行きました(^^)

 
この前のお休みに、カイコウラ(Kaikoura)という町に野生のオットセイを見に行ったので、そのときのことをレポートします。

可愛いオットセイの写真がたくさんとれました(^^)

 

カイコウラは野生動物の宝庫

カイコウラはニュージーランドの南島にある町で、野生動物が見られることで有名な町です。

南のクライストチャーチからだと約3時間、北のピクトンからだと約2時間で行くことができます。

見ることができる野生動物は、クジラ、イルカ、アホウドリ、オットセイ等です。

1番有名なのはやはりクジラで、ホエールウォッチングのツアーに参加する人が多いみたいです。

正直なところ、私もクジラが見たかったのですが・・・クジラが見られるポイントまで船で2,3時間かかるというのを聞いたので、止めました。

だってそんなに長時間船に乗っているのは辛すぎるし、何よりも船酔いが怖かったので・・・(←乗り物酔いしやすい人)

なので今回は、野生のオットセイを見に行きました(^^) 

オットセイだったら、船に乗る必要がないし~~何よりタダ!(無料)で見ることができるので、友達も誘って行ってきました~


私たちが行った場所

その1. Point Kean Viewpoint

場所はカイコウラの中心地(I siteとかがあるら辺)から南に車で10分くらい走った場所にあります。

駐車場も十分ありました。車がない人は、町にレンタルバイク屋さんがあったのでそこでバイク借りて来れる距離だと思います。

ネットで調べたところ、ここに行けば間違いなくオットセイのコロニーを見ることができる!!!!と書いてあったので、この場所を選びました。

では車を駐車場に止めて、いざ出発~~~!

こちらの場所は海岸線にある岩場を歩いて、野生のオットセイを見ることができるようです。

岩場を歩かなくてはいけないので、行く人はスニーカーやきちんとしたシューズを履いていった方がいいと思います。

 

岩場

こんな感じの岩場を歩いていきます

 はやく、野生のオットセイが見たいな~るんるん~と歩くこと20,30分・・・

 

 

 

オットセイいない  (T T)

歩けども歩けども、あるのは岩場ばっかりで全然オットセイいないじゃん!!(T T)

他の人から聞いた情報だと、うじゃうじゃ群れでいるオットセイが見れるとのことだったのに・・・

どうしてでしょうか・・・?もしかしたら来る時期を間違えたのかなと友達と話していました。

っと諦めかけていたその時・・・!

いました~~~(^^)!!!

オットセイ

奥にいる焦げ茶色のやつです

みんな寝ていて、本当に可愛かったです。

野生のオットセイを見るのは、この日が初めてだったので大興奮でした。

残念ながら、規則で距離を10m以上は空けないといけなかったので、この距離からの撮影ですが、本当に可愛かった~~!

どうして海の生き物ってこんなに可愛いんでしょうか!!!


ただ、事前に聞いていた情報よりもたくさんのオットセイを見ることができなかったので、私も友達もやや不完全燃焼でした。

もっと!もっと!たくさんのオットセイが見たいんじゃ~~(^^)

だって車2時間も運転したんだもん~(T T)

 

ということで、実はこの場所以外にもう1つ立ち寄った場所があります!!

その2. Ohau Point Look Out

そのもう一つの場所が、こちらのオハウポイント ルックアウトになります。

カイコウラの中心地から北へ車で30分くらいの場所にあります。

この場所は駐車場から海岸の岩場を下に覗けるようなつくりになっていたので、最初の場所みたいに歩く必要もありませんでした。

ランチを食べ終え、家に帰る途中、休憩のためにたまたま車を停めた場所だったのですが、とってもたくさんのオットセイを見ることができました!!!

オットセイ

最初に行った場所よりもたくさんのオットセイ!

偶然車を停めた場所で、こんなにたくさんのオットセイが見れるとは思ってもみませんでした。

1月の下旬くらいに行ったんですが、赤ちゃんもたくさんいて一生懸命におっぱい飲んでいて本当に可愛かったです!!!

私たち以外にも、人が結構いたのでニュージーランド人の間では有名なスポットなのかもしれません。

最初に行ったPoint Kean Viewpointでもオットセイは見れましたが、こちらの方が数が段違いだったので、私的にはこちらの場所をおすすめします。

場所はこの辺

カイコウラの観光を済ませて、BlenheimやPicton方面に向かう人は途中にあるので、ぜひ立ち寄ることをおすすめします。

だいたい、カイコウラの町から20kmくらいのところにあります。ハイウェイ1号線沿いなのでわかりやすいと思います(^^)



おまけ(おすすめな伊勢海老屋さん)

カイコウラはCrayfish(伊勢海老)が有名と聞いたので、伊勢海老も食べました。

ご飯、ガーリックブレッド、サラダとハーフの伊勢海老セットで35ドルくらいでした。

 

Crayfish

伊勢海老ランチ!




伊勢海老なんてめったに食べないから、この値段が安いのか高いのかわからん(T T)

自分で好きな伊勢海老をチョイスできるので、それによって値段が変わるみたいです。

店の名前は忘れましたが、Point Kean Viewpointの帰り道にあった小さなお店です。


では今日はこのへんで(^^)

 

 



 

 

私の彼氏はバヌアツ人です(^^)

 

 祝!?バヌアツ人彼氏ができました

こんにちは。タイトルそのままですが、2か月くらい前に彼氏ができました。

私の彼氏はバヌアツ人です(^^) 

彼氏の写真

この人



えっ!バヌアツ!?ってどこって思った方が多いと思うので、まずはそこの紹介から。

バヌアツ(正式名称:バヌアツ共和国)は日本のはるか南にある国で、日本と同じ島国です。

日本からだと、フィジーニューカレドニア、オーストラリアを経由して行くことができます。

とても小さな国で人口はたったの25万人です。

なので、こうやって彼と出会えてお付き合いできていることは本当に奇跡なんだなぁと日々実感しています(何の話www)。

ちなみに、日本にいる友達や知り合いに

「バヌアツ人の彼氏ができたよー」って報告すると、大概みんな

「バヌアツ????どこそこ??」て言ってきます。

まあ、そうですよね。

私は、彼とお付き合いする前からバヌアツのことは知っていました(日本にいたときにバヌアツが舞台になった映画を見ていたので+大の地理マニア)。

あとはもともと島暮らしに興味があって、彼と仲良くなるのにもそう時間はかかりませんでした。


彼と付き合い始めてから、いろいろと面白いことやびっくりすることがたくさん起きるので、日々の備忘録としてこのブログを始めました。

あと理由がもう1つ。

ネットで 「バヌアツ人 彼氏」って検索したらほとんど何も情報が出てこなかったんです。

なので、私がバヌアツ人彼氏についてブログに書いたら絶対面白いって思って・・・(笑)

このブログを読んで参考になる人がいるかどうかはわかりませんが・・・。なんせバヌアツは人口25万人の小さな島国。

きっと将来、だれかバヌアツ人の彼氏ができて
「えっ!?これって何なの?!」って戸惑ったときに私のブログが役に立ったら幸いです(^^)


これからこのブログで書いていきたいこと


主に国際恋愛(バヌアツ人彼氏)、バヌアツ文化について。

バヌアツ観光情報とかも載せられたらいいけど、まだ私はバヌアツに行ったことないので、それはちょっと厳しいですが、近いうちにできたらいいです!
(はやくコロナのパンデミックが終わりますように・・・。)

また現在、私がワーホリでニュージーランド在住なので、ニュージーランドの情報やワーホリ関連の記事も書いていきたいと思っています。

ニュージーランドぽい風景





では、今日はこの辺で(^^)